「ほっ」と。キャンペーン

おうちでテリーヌ焼きましょう ~*~*~*~*~*~*~*手軽で美味しいおうちテリーヌ ・・の~んびり探究中です・・ ~*~*~*~*~*~*~*
by iamshambleau
<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ストウブで牛タンの塩釜焼き
d0164844_1821779.jpg

みんな大好きな牛タン
焼肉店注文数ランキングでも 一位を獲得した牛タン
でも…
狂牛病騒ぎ以来 値段が上がったきり 全く下がる気配の無い 牛タン

ああ、牛タン様 牛タン様… あなたは何故 牛タンなの…

そんな牛タンを塩釜焼きにしま~す

使ったのは、ヤフオクでgetした STAUBのテリーヌ型♡♡♡
抱っこして眠りたいほど素敵
(いや、実際にはやってないけどね(^_^;)
d0164844_2110332.jpg

初STAUBが鍋じゃないという変則デビューだけど 嬉しいことに変わりはない
やっぱり黒が好き
d0164844_2110341.jpg

レシピ
牛タン 皮むきの冷凍の物 1本 800g前後 4000円弱でした
塩 1kg
卵白 1個分
白ワイン 適宜
下に敷く香味野菜 (セロリの葉っぱなど)
d0164844_2110388.jpg

☆牛タンは解凍したら、水洗いしてペーパータオルで水気をよく拭いておく

☆卵白をメレンゲにする

☆大きなボールに塩を入れ、メレンゲをIN → よく混ぜる

☆白ワインを少しずつ加えて 牛タンに うまく くっつくように固さ調節
ーー目安としては、握った時にオニギリじゃないけど、だんごにまとまる感じ
ーー緩め過ぎ注意!

☆大切なストウブちゃんの保護と 後始末を簡単にする為、アルミホイルを敷いて
塩を二握り位投入

☆セロリの葉っぱ部分を敷いて (無ければ無いでもOKだけど あって欲しい)
牛タンを ど~んと乗せて 塩を詰めていきます
牛タンが 鍋肌に触れないように 側面にもギュッと入れ込みます

上記の分量で 写真の通り ピッタリでした
d0164844_158554.jpg

蓋をして
予熱しておいたオーブン 180度で 50~60分
d0164844_1585681.jpg

すぐに食べても良いですが、
ローストビーフ同様、肉汁が落ち着くまで 1時間程度は置いておいた方が良いです
スライスし易いしね!

☆☆オープン☆☆
卵白が入っているので パカッと割れます
これを お客様の前でやると 大層 喜ばれます

あっ 今回はキッチンだし、塩が飛び散るので 新聞紙敷きました~
d0164844_1585675.jpg

薄く 切って そのまま、或いはワサビ醤油などで頂く… 旨し

私は 薄く薄く切った方が好きですが
この時は、焼いてすぐに切ったので 厚切りになっちゃった (>_<)

………盛り付けも 微妙だった     (◞‸◟ㆀ)ショボン
d0164844_15125960.jpg



塩釜は 牛タン高騰前は、結構頻繁に作っていたのですが
その時は 大きな無水鍋でやって居ました
下に塩を敷いて 牛タンのまわりを塗り固めて 弱火で1時間

幼稚園児から 80overの祖母まで 太鼓判メニューでしたが 久しくやっていなかったところ、
先日、いつも楽しいイタリアンの教室
CUCINA ITALIANA SACCHIで 魚の塩釜を教えて頂き
又、作ってみたくなったのでした

テリーヌと無水鍋…どちらでも美味しく出来ましたが、
→テリーヌで作った方が、塩が少なくて済むので経済的
→無水鍋だと 一気に2本位焼ける

この牛タンは 翌日以降 どんどん熟成して行って ますます美味しさが増すので
先端部分をひとかけら残しておくと サンドイッチにサラダにと
とっても楽しめま~す

あ~また焼きたくなった…
[PR]
by iamshambleau | 2012-07-29 16:04 | Cooking
写真教室サマースイーツフォト
d0164844_16372134.jpg

いつも とっても楽しみな さいとうおり先生主催の フォトレッスン
今回は、BODUMさんから ダブルウォールのグラスをお借りしての 夏のスウィーツフォト

グラスを撮る時の 光と影の扱い方を教えて頂きました
d0164844_1634921.jpg

d0164844_15435028.jpg

ダブルウォールなので、 普通のグラスとは顔つきがかなり違います

口を付ける リム部分が 厚くて 光がたっぷり蓄えられるのが印象的でした
今回の私は リム・フェチです
d0164844_17525052.jpg


sacchi先生お手製のひんやりスィーツ 大人のアイスバー

アイスバーを 甘味をつけたライムソーダに…

のんびり撮影していると溶けちゃうので焦る~(>_<)
あんまり枚数撮れなかったorz
もっと 頑張らねば

ビジュアルが可愛いのはもちろん!
そのまま 食べても、少し溶かしても 美味しかったです
d0164844_1624244.jpg

美味しいものは他にも…
sacchi先生お手製の パイナップルのタルト
d0164844_15435041.jpg

さいとう先生 お勧めの ラスク
d0164844_15434915.jpg


BODUMさんといえば、私が最初に使ったのは今から15年くらい前
母がスイスの親戚の家に遊びに行ったおり
コーヒー好きの娘にと 買ってきてくれたフレンチプレス
(発祥はデンマークですが 1979年から本社スイスなので お土産として)
写真左↓
d0164844_17504640.jpg

愛用のあまり、数年後にガラス部分を割ってしまったのですが、
お値頃な 樹脂製ホルダーのポットとガラス部分が同サイズだった為
すっぽり入れ替えて復活!

銀色のは、ステンレスのダブルウォール
魔法瓶程では無いけれど そこそこ保温してくれます

それから、ミルクフロッサー
以前は愛用していましたが、エスプレッソマシンを買ってからは お蔵入り

この他に…
ダシ取り用に 1.5リットル位入る樹脂製ホルダーのプレスを使用中
鰹節と昆布いれて お湯入れて ちょっとおいたら ぎゅ~っとね

BODUMさんも こんな無体な使われ方をしているとはご存知あるめい
……すみません、でも 便利に使わせてもらってます

それにしても、このステンレスのポット
撮るの難しい…
自分が映り込む((((;゚Д゚))))))) ガマの油じゃないよ~

黒い傘でガードしてみましたが、プロの方はどうやって撮るのかな???
[PR]
by iamshambleau | 2012-07-26 18:50 | Photo&Camera
鶏ササミのテリーヌ
d0164844_14461821.jpg

最近、出来るだけささみを食べるようにしております

なぜなら
息子の友人ママと久しぶりに会った時、
もともと痩せ気味だったのが、まさしく細マッチョになっており驚愕!

ジムのインストラクターと一緒に
ダイエットというかボディ改造に取り組んでいるのだそう

2ヶ月限定で、炭水化物、アルコール禁止
脂質には気を配りつつ、野菜、タンパク質中心
彼女は 一日最低でも500gはささみを食べているという事でした

「痩せる必要無いじゃん!」との周りからのツッコミに対して
自分自身が やれば出来るという事を納得したいと…

素晴らしいよ   (੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

そんなお話を聞いて以来のササミ食 増量中なのでした…

ササミがせっかく白いので、ナッツは松の実
対比に赤い色を… ドライフルーツは クコの実
香料には、キツくなく少しフルーティーな感じにしたかったのでピンクペッパー
塩は ササミ→脂が少ない ので控えめにしてあります

レシピ ハーフテリーヌ型1本分(約750cc)

★鶏ササミ 500g前後
★塩 肉の1.2% 500gなら6g
☆パン粉30g
☆卵 1個
☆白ワイン50cc
松の実 ひとつかみ
クコの実 ひとつかみ
ピンクペッパー 大さじ2


☆の材料を 混合しておく

★をフードプロセッサーで 粘りが出るまで回したら☆を加えて攪拌

中身をボールに移して、松の実、クコの実、ピンクペッパーを投入
満遍なく、手早く混ぜる

型に詰めて、しっかり蓋をして (パウンド型なら 二重にしたアルミホイル)
湯煎のオーブン180度 60分

500~700gの重石して 室温まで冷ます



ササミは美味しいけど、タンパクで飽きてきちゃうので
目先が変わって良かったです
さっぱりなので、マヨネーズ系ソースとかが合うと思うのだけれど
本末転倒になるので が ま ん…
d0164844_14461947.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-07-24 23:16 | パテ テリーヌ
和歌山 その4
d0164844_0571761.jpg

今回の旅の一番のお楽しみ♡
南紀白浜 景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

フロントやお食事処、客室のある本館を抜けて 外に出ると
離れのコテージが点在しています
全10室
d0164844_202386.jpg

d0164844_2023853.jpg

お部屋の内部
玄関 引き戸なので 何だか懐かしい感じ
d0164844_202383.jpg

リビング ゆったり
d0164844_2019302.jpg

d0164844_20193131.jpg

お茶菓子
d0164844_202148.jpg

備え付き冷蔵庫内の飲み物は全て無料
梅ジュースと金柑ドリンクには 実が入っています
お酒は 海舟オリジナル
d0164844_2021439.jpg

&おつまみ… ウツボの唐揚げって何だ⁉
d0164844_2021534.jpg

リビングスペースの奥にはベッド
畳がホッとする

足元には 作務衣風の館内着と 寝間着
d0164844_20193181.jpg

リビングから外に出ると…
d0164844_203215100.jpg

これが 楽しみだった海の見える部屋付き露天風呂
もちろん温泉掛け流し
d0164844_20193177.jpg

春バラがまだ沢山咲いています
d0164844_2021568.jpg

アメニティ が ロクシタン… ちょっと嬉しい
d0164844_2021578.jpg

夜も良い感じです
d0164844_20321550.jpg

本館のお部屋にもベランダに露天が付いているのですが、そちらは温泉ではないそうです

4時過ぎにチェックインしたら、2部制入れ替えの夕食、5時からの回はすでに満席!
なので、7時半からの回になりました
後の回の人が いらっしゃらない方が ゆったり出来るしね!

時間がたっぷりあったので、緑に囲まれた遊歩道を通って
混浴の露天風呂 浜千鳥の湯へ

とても良いなと思ったのは
男性も女性も 透けない湯あみ着を着用する事になっているので
真っ裸の男性がいない事
安心して 入れます
d0164844_9503377.jpg

↑ こちらの写真は、海舟の公式HPから頂きました→公式サイト

お湯はかなりぬるめなので、長く入っていられます(^-^)

丁度夕日が沈む時間帯だったので、期待したのですが
水平線辺りが曇っていて 残念ながら 日没は見られませんでした

海面から 何メートル位上がっているのか…
天候によっては閉まってしまうこともあるそうなので、入れただけでも良かった

浜千鳥の湯は混浴の温泉ですが、遊歩道の途中にはいくつか貸し切り露天もありました

*****
さて、お楽しみの夕食は 本館のお食事処にいきます
舟盛りとか アワビとか 美味しかった…
でも、サービスはちょっとぎこちなかったです
d0164844_20331236.jpg


夜食のラーメンのサービスもあったのですが
7時半からの夕食だったので お腹いっぱいで断念

フロント前では 梅ジュースのサービスがあったり
夕方 ニラ饅頭のサービスがあったり 食いしん坊さんも大満足

朝食は、同じ場所で頂きます
外が見られるように 敢えてカウンターにしてもらいました
桶に美味しいものいろいろ…
洋食も選べます
d0164844_20331356.jpg

サラダやフルーツは ビュッフェでした
d0164844_20331353.jpg


朝風呂 サイコ~
d0164844_2074135.jpg

チェックアウト時間が 11時なので 朝食後も忙しなくない♡

名残惜しいけれど チェックアウトです

又 来た~い♡
d0164844_2034049.jpg

名勝 千畳敷
浸食された砂岩がきれい

台風とか来ると、ここで中継する事もあるそう
ここに ドッパンドッパン波が来るのね…
d0164844_2034012.jpg

旅行の〆は 和歌山ラーメンの井手商店で 決まり(^-^)/
お疲れ様でした
d0164844_203408.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-07-18 10:01 | お出かけ
和歌山 その3
d0164844_20172176.jpg

那智勝浦で一泊後
那智大社→那智の滝→新宮→南紀白浜と周ります
d0164844_2017214.jpg

せっかくの熊野だから 熊野古道を歩いてみたい
d0164844_2017222.jpg

主人の情報収集の結果、無料の大門坂パーキングに車を停めて
那智大社まで 古道の最後の部分を歩くことにしました
大社から滝まで移動したら、
帰りは 滝のバス停から 大門坂パーキングのバス停まで バスで戻って来ます
d0164844_20172299.jpg

熊野古道は、未舗装の山道も多いのですが
ここの区間は全て石畳で 比較的歩きやすく
雰囲気を満喫する事が出来ました
d0164844_2036481.jpg

d0164844_2036594.jpg

途中には、樹齢800年の楠も…
d0164844_2036597.jpg

d0164844_2036560.jpg

大社の門前はハードな石段となっております
讃岐の金毘羅さんほどでは ありませんでしたが、
この日は とにかく蒸し暑くて 死に死にになりました
d0164844_2036660.jpg
d0164844_20372621.jpg

d0164844_20372618.jpg

敷地内には 中をくぐり抜ける事が出来る巨木も…
初穂料300円をお支払いして、右側のお札に お願いを書いて お納めします
d0164844_203727100.jpg

ここから 入って…
d0164844_20372731.jpg

この階段で出ます
前日の雨のせいで、中はビチョビチョ
d0164844_20372734.jpg

拝殿を正面に見て 右方向に進んで行くと、熊野大権現
さらに遠方に 那智の滝が見えます
d0164844_23322840.jpg

車道→石畳道経由の 徒歩移動10分で那智の滝入り口に到着
d0164844_23322969.jpg

青い空に 滝が映えます
前日の雨で、水量は多めだそうです
細かな水飛沫で、完璧ミストシャワー♡
マイナスイオンで癒される~

この時受けた印象は スッカーンと明るい滝!だったのですが
横にいたガイドさんの話しを漏れ聞いたところによると
昨年の豪雨でかなり大規模な崩落があり、手前の岩の多くはその時に崩れてきたもの
それまでは、うっそうと木が迫って 神秘的な雰囲気だったそうです…
d0164844_23323014.jpg

バスで大門坂パーキングまで戻り、新宮市に移動
純氷を使ったカキ氷が食べられる 仲氷店に…
住宅街にある氷屋さん
d0164844_23323029.jpg

店先のテーブルで食べる事が出来ます 言わば、オープンカフェ(?)
100円~500円位
近所の子供達が 沢山買いにきていました
d0164844_23323098.jpg

じゃばら金時 (お値段忘れた…450円位)
じゃばらとは、和歌山の一部でしか作られていない柑橘類の種類で
ユズとかカボスっぽい果物です
酸味はほとんど無く、優しい爽やかさでした
d0164844_23333561.jpg

抹茶ミルク金時 500円
d0164844_23333646.jpg

すぐそばの 熊野速玉大社にお詣り
d0164844_23333668.jpg

d0164844_23333671.jpg

灯籠…めっちゃ苔ってる
d0164844_23333686.jpg

この後は、一路 南紀白浜に移動
とっても楽しみにしていた旅館 海舟に急げ~!
[PR]
by iamshambleau | 2012-07-15 22:51 | お出かけ
和歌山 その2
d0164844_1556734.jpg

高野山の後は、紀伊半島南東岸の 那智勝浦を目指します
d0164844_1556860.jpg

高野山から 龍神街道を南下
日高川沿いを進むと、去年の豪雨のせいでしょうか、
山の斜面が木ごとごっそり こ削げ落ちていたりして 地元の方のご苦労が偲ばれます
途中、道の駅 龍神で一休み
お店の方に これから那智勝浦に抜けること、
カーナビでは国道425号線を抜けるように指示されている事を告げると
その道は、谷あいを進む一車線の道で、地元の人もほとんど使わないと教えてもらいました

危ない危ない‼
youtubeやニコ動で、「酷道」(国道とは名ばかりの酷い道の意)ジャンルがありますが
うっかり雨の夕刻の酷道に迷い込むところでした…
…後から調べたら、案の定 酷道425で 動画が上がっていました(笑)

丁寧に案内図を書いて下さり 多少遠回りながら、安全に山越え
道の駅 龍神の男性スタッフの方 感謝です

途中、熊野本宮大社に寄り道
参拝は17時迄だったのに、駐車場に入ったの16時50分
参道を走りました
d0164844_1556847.jpg

せっかくの参拝なのに せわしない(>_<)
社殿桧皮葺大改修が終わった後なので、屋根が清々してとても美しいです
改修前の、他の建物はこんな感じ
d0164844_18304623.jpg

苔が~‼
さすが!雨の多い和歌山です

八咫烏(やたがらす)のお守り 買いました
d0164844_17514213.jpg

お宿は 那智勝浦の ホテル中の島
島ごとホテルになっています
漁港近くの駐車場に車を停め、専用の桟橋で待っていると
ホテルの船が迎えに来てくれます
d0164844_1556841.jpg

コンパニオンの女の子達と一緒になりました
スーツはすごいけど 全員美脚でした♡♡
d0164844_15572380.jpg

操船は アロハ着用のホテル従業員さん
ホテル玄関が 即!岸壁なのですが、鮮やかに着岸されていました
d0164844_15572385.jpg

ホテルのお部屋

窓の直下は もう海です
d0164844_15594766.jpg

建物は、少し古めで昭和な感じでしたが、とてもゆっくり出来ました

和歌山って事で、一応梅もね
d0164844_15572386.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-07-14 18:33 | お出かけ
和歌山 その1
d0164844_22541081.jpg

先日、初めて和歌山県に行きました
先ずは高野山…大阪から車で行ったのですが、途中ちょっと道を間違えつつ4時間
思いのほか近かったですo(^▽^)o
金剛峯寺(こんごうぶじ)
d0164844_22541164.jpg

建物内にはとても美しい襖絵がありましたが、ほとんど撮影禁止(ここはOK)
d0164844_22541119.jpg

廊下すら素敵 雨が降っていたので石庭の石もツヤツヤとしていました
d0164844_22541169.jpg

奥の広間で、お茶とお干菓子
d0164844_22541220.jpg

食いしん坊の私が興味深かったのは 台所
d0164844_22553613.jpg

d0164844_22553675.jpg

d0164844_22553679.jpg

分かりにくいですが、煙抜きの高窓(煙突)を下から見上げたところ
d0164844_22553776.jpg

外からだと、こんな感じ
d0164844_22553739.jpg

残念ながら 今では使われていないそうです

奥の院に移動
うっそうとした木立の間の参道を進みます
雨がざんざん降っていたので愛機PENでの撮影は断念…根性無しです

途中には、立派なお墓が沢山あってよくよく見ると
豊臣家⁈武田家⁈織田家⁈ 何だかすごいです…
通りすがったガイドさんが、「こちらが篤姫のお墓です」って言ってる~
高野山ってすごいんですね

奥之院におまいりして、帰りは新しい区画を通って戻りました
こちら側は、広々として明るい雰囲気です
有名な企業の墓所も沢山ありました

そして、かたちが面白い(失礼)物も
携帯でパチリ
d0164844_0303466.jpg

d0164844_030357.jpg

害虫駆除会社のシロアリ供養塔にはビックリ
d0164844_0303523.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-07-12 20:56 | お出かけ


検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
お気に入り
ブログパーツ
記事ランキング
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧