「ほっ」と。キャンペーン

おうちでテリーヌ焼きましょう ~*~*~*~*~*~*~*手軽で美味しいおうちテリーヌ ・・の~んびり探究中です・・ ~*~*~*~*~*~*~*
by iamshambleau
カテゴリ:未分類( 17 )
豚ロース肉とチーズのテリーヌ
d0164844_17155746.jpg

今回は 挽き肉は使わずに
ロースの薄切り肉を重ねてテリーヌに仕上げました。
d0164844_17155897.jpg

つなぎにモツァレラとカマンベールチーズ
(もちろん、どちらか一種類でも)
d0164844_17155847.jpg

彩りに、オクラとドライトマト
黒っぽいのがドライトマトね

チーズとお肉と彩り
交互に重ねていって、お肉の上には軽く塩コショウします。
チーズの塩気を考えて、振りすぎ注意です
d0164844_17155941.jpg

お肉で蓋をしたら、お好みのハーブを乗せて…
d0164844_17164878.jpg

フタをして、160度湯煎焼き70分
(フタがあればアルミホイルしなくてok)

焼き上がったら重石をして室温まで冷まします。
冷蔵庫で一日以上ねかしてから頂きます。
d0164844_17164846.jpg

スライスしたところ…
フレッシュトマトのパスタに載せました。

カラカラのドライトマトを使った為
水分を吸って赤い色が滲んでしまいました。
オイル漬けの物の方が良かったです。

美味しかった~
d0164844_21463939.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2014-04-09 15:59
鴨と金柑
d0164844_21485336.jpg

鴨といえばオレンジ…ということで 
以前にもオレンジピールとオレンジリキュール使用のテリーヌを焼きました
味は美味しかったのですが、見た目でもオレンジを主張したかったので
初めて金柑の甘煮を作ってみました。

下煮してから、ようじで種をホジホジして…結構楽しい

ツヤツヤ♡
初めてでも、結構上手に出来るもんですね
d0164844_19441333.jpg

鴨と金柑のテリーヌ レシピ

d0164844_19441245.jpg

★鴨 胸肉  470g前後
→→皮 120g  お肉 350g
★塩 6g
★胡椒、ナツメグ 適宜
★パン粉 50g
★卵 1個
★木綿豆腐 50g
★赤ワイン 20cc
★オレンジのリキュール 20cc

鴨の胸肉は あらかじめお肉と革に分けて お肉の重さを計って下さい
→塩の量が決まってきます→今回は1.7%

で、型に横向きに敷きます

ちょっと型が長かったです…
d0164844_19441421.jpg

d0164844_19441440.jpg

型の縁までお肉を詰めたら布巾の上でとんとんして 空気を抜きます 
上にローリエを載せて 予熱オーブン180度60分で湯煎焼きします
d0164844_19454528.jpg

焼き上がったら、500g~程度の重石を載せて室温まで冷まし
冷蔵庫で1日以上寝かします

型から出すと白っぽいし、皮はふにゃっとしているので…

お寿司屋さんが 炙りに使う トーチでこんがり焼き目を付けます

トーチがなければ、フライパンで焼いても大丈夫です
d0164844_271672.jpg

金柑の横に、鴨の正肉が入っているのですが わかりにくいですよね…
葉物で巻いてコントラストをつけた方が良かったです

脂ではなく、木綿豆腐で滑らかさを出しているのでカロリー控えめですが
保存性は落ちてしまうので 3~4日目までに食べ切る事をお勧めします

d0164844_1229759.jpg
雛飾りにおなじみの 橘から連想して
金柑を真ん中に配置して、三方にアスパラガスなんかを配置すると
素敵な ひなまつりテリーヌになると思います♡
d0164844_1947569.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2013-02-24 12:33
ありがとう! 日経マガジン
d0164844_2382799.jpg


この3月 日経マガジンが 休刊となりました

通算107号…
日常の一部として 新聞と一緒に配達される
興味深い記事と とびきり 美しい写真

本屋さんで 自分の興味に沿った書籍・雑誌を探したり
ネットで 情報収集したり…楽しくて もちろん大好きですが、
どうしても 自分の興味のある事をだけに偏りがち…

日経マガジンは 思いがけない情報を キュレーションしてくれていました

毎月本当に 楽しみだったのに…
悲しいです


2010年3月号
デンマークのモビール 暮らし彩る紙工芸
d0164844_2382856.jpg

デンマークで切り紙細工がポピュラーになったのは、
アンデルセンが 物語の他に多くの切り紙細工を残したため…と由来を紹介しつつ、
現在 活躍中の作家さんの作品を たくさんの写真でみる事が出来ました
(我が家にもお土産で頂いたものがあるのですが
初めて 手にとって見た時、
表裏の無い美しい仕上がりに びっくりしました
風でクルクル 廻った時に どちらから見ても楽しめると同時に
窓にくっつけるように吊るしても
外から見た人が楽しめる気遣いに 感心しました
うちにあるものは、白鳥と卵のデザインなのですが、
卵に見たてた小さな綿の玉がキチンと両面に配置されていました)


2010年9月号
お茶のざわめき
d0164844_23828100.jpg

日本茶、紅茶、中国茶の違いや、各地の特色あるお茶文化を紹介
なんて美しいレイアウト‼
(一面に並ぶ事で、水色〈すいしょく〉の違いがとてもわかりやすく
お茶を飲む時に、味や香りだけでなく、目でも楽しまなくちゃと気付かせてくれました)

2010年8月号
湯煙に浮かぶ富士山
d0164844_238298.jpg

銭湯と言えば 壁一面に描かれた銭湯絵
現在、銭湯絵師は たった2人…そして、若いお弟子さんが1人
もし、絵師さんがいなくなってしまったら
湯気で傷むために 何年かおきに書き直さなくてはならない
銭湯絵の文化は 無くなってしまうかも、との事
(子供の頃、お風呂が壊れた時にしばらく銭湯通いした事を懐かしく思い出しました)


2010年12月号
bric olage
幸せ運ぶ ゆずのポマンダー
d0164844_2382977.jpg

身近な材料で手作りを楽しむコラム
この号では ポマンダーの由来や つくり方を紹介
(娘が これを見て ポマンダー作りにチャレンジ
とても可愛く出来ました
3個作って 残念ながら1個カビてしまいましたが)


2010年10月号
東京近郊の大学博物館
d0164844_2382946.jpg

思いがけないところに 楽しくアカデミックな お出かけスポットがある事を紹介
(明治大学博物館に アイアンメイデン‼)


2011年11月号
"美しすぎる"は罪?
d0164844_2383028.jpg

ポートレート写真の 修正を 細かな段階ごとに 掲載
(いざとなったら これがある!と 希望を持たせてくれました…いざっていつだ⁉)


2012年3月号 (休刊号)
dresser la TABLE
d0164844_2382813.jpg

家庭でも作れる フレンチを、料理の成り立ちなどを織り交ぜつつ 紹介してくれるコラム
休刊号の メニューは キャベツと白インゲンのスープとパテドカンパーニュ!やった~

メーカーによる食材の違いを星の数で評価するTasteContestも楽しい
この号では 赤ワインビネガー
(これを見て、いつもと違ったメーカーの物にチャレンジする事も多かったです)


いつの日か復刊する日を 楽しみに…
[PR]
by iamshambleau | 2012-05-12 00:19
哀愁感漂ってます
我が家の末っ子 超内弁慶の 10歳♀ クッキー
晴れた日に 息子にお風呂にいれてもらって中
家族の中で一番 洗うのが上手なのです…
d0164844_0365235.jpg

風呂嫌いのあまり、
ジェントルタッチの丁寧シャンプーでも
魂が抜けたようになってしまいます

ただ、時々 地の底からのような唸り声を出すので
用心の為に 口輪は必需品です
(躾が 徹底出来なかった orz )

シャンプー後、半乾きまで ドライヤーをかけて
解放すると 脱兎のごとく 逃げて行き、
窓際に あらかじめ用意しておいた ロングマットに
体をこすりつけて 納得行くまで 自分で 身体を拭きます

身体を振る時、 頭から順番に後ろ方向に振っていき
最後に へっぴり腰で お尻とシッポをプルプルっと振るのが 可愛くて笑ってしまう

頑張ったご褒美で ちょっとご機嫌が 治ったかな…?
d0164844_2252981.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-04-30 23:03
手作りボード… from端材コーナーwith LOVE
d0164844_155022.jpg

チーズやパンを載せる 木のボード
欲しいな~と思っても 良いものは高価だし
お手頃のものは それなりな感じ

ある日、ホームセンターを徘徊していた折り
木材売り場の片隅の 端材コーナーで この子を発掘

20cm×30cm×6cm
お値段 1800円なり

最初は 表面ガッサガサ… トゲが刺さりそうだったのを
何日もかけてセコセコと紙ヤスリで 磨き上げ、
なかなかな感じに仕上がりました
(食卓で、ノーパソやってる娘の横で ヤスリかけ始めたら
メッチャ怒られたf^_^;)

こちら オリーブオイルを 布につけて磨くのを 2回やった状態
d0164844_1550113.jpg

塗った直後は テラテラしていますが、2~3日経つと
油分が全部染み込んで サラッとなります

ハード系パンは大丈夫だけど
油のあるチーズとかを載せる為には
もう何回かは オイル塗り塗りして 育てないと 駄目っぽい…
それもまた 楽しからずや

横の 木の皮が残っているところが 萌ポイント
かなり お気に入り

端材コーナー… 以外と お宝が眠っているかもしれません
[PR]
by iamshambleau | 2012-04-18 22:37
春が来た
d0164844_1620348.jpg

ここ最近、お天気がパッとしない日が続きました
一時期は、連続乾燥注意報を 絶賛更新していたのに
ずっと 雨と曇りの 繰り返し
お肌には優しいけれど 気分的には ドヨンとしてしまいます

昨日、今日と そこそこ良い天気で ホッと一息
クッキーも ベランダに出て、お外の空気を 満喫していました
d0164844_1620419.jpg

溜まっていた洗濯物も 全部片付いて 良かった~\(^o^)/
[PR]
by iamshambleau | 2012-03-13 00:09
松風焼き
d0164844_1253790.jpg

初めて松風焼きを作ったのは、 息子が小学生の時

給食で頂いたのを とても気に入って、わざわざ給食の先生から
レシピを頂いてきて これを作って欲しい…と。

白味噌が結構いっぱい入るので、ホエ~っとなりました
給食では 50cm×60cm位のアルミ製バットで焼き上げていました…

ケシの実大好きなので いっぱい振っちゃった(^_^)
[PR]
by iamshambleau | 2012-02-27 12:05
カラスウリと絵本
d0164844_21553995.jpg

主人が、カラスウリをとって来ました
掃除のついでに、フェンスに絡まっていたのを ブチっと

シワシワで、不憫な感じが共感を誘い、パシャッと 1枚♡

ツルをいじっていると、なんか懐かしい感覚がよみがえって来ました
それは、これ‼
d0164844_21554037.jpg

初山滋氏の挿画による この2冊

今考えれば、とてもおしゃれなデザインなのですが当時は「地味な絵や…」と思っていました

ラインが カラスウリっぽい と思う
d0164844_21554022.jpg

岩波の子供の本…
お世話になった方多いのでは~?

機関車ヤエモンとか~チビクロサンボとか~
ひとまねこざる(おさるのジョージ)とか~ 小さいおうちとか‼

私が好きだったのは スザンナのお人形の中に入っていた ビロードうさぎ
子供に本当に愛されたおもちゃは「本物」になれる…
泣いた
(スザンナの話はあんまり好きじゃないので、お気に入りの1冊って言えない)
d0164844_22544870.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-02-14 23:06
桃カステラ
前回に引き続き びっくりお土産話しが続きます
但し!今回は、前向きな(?)びっくり
松翁軒の 桃カステラ
d0164844_1373394.jpg

長崎の提灯祭りを見に行った 義母からの お土産です
d0164844_13515895.jpg

(上のイメージは 長崎ランタンフェスティバル公式サイト様から)
義母は 雨に降られてしまったそうですが、雨にけぶる ランタンの灯り…
路面に映って 更に幻想的な光景になりそうです

中国の縁起物である桃と、南蛮のカステラが一緒になった
貿易港長崎らしいお菓子
かわいらしいです。
d0164844_1373446.jpg

デコレーションのとこは、アイシングなので かなり甘めとなっております
中は 特に何かが入っている訳ではなく 美味しいカステラが堪能出来ました
お店の住所 「魚の町」 ていうのが何だか萌ゆる♡
d0164844_1373421.jpg

[PR]
by iamshambleau | 2012-02-10 14:01
中国のお土産
d0164844_11114563.jpg

以前、息子が上海に行った折に
買ってきた中国のお土産のお菓子

かわいい‼
どんなお菓子だろう…
どうやら色々な味が入っているらしいです

ワクワクしながら、

♡♡オープン♡♡







d0164844_11114696.jpg

Σ(゚д゚lll)
びっくりです‼

箱の 真ん中だけ~に、
フタに開いた窓から見える ギリッギリにのみ
お菓子が入っております
d0164844_1211942.jpg

日本で びっくりするのって、たいてい 上げ底なことが多いので
これは 新鮮な 驚き‼ ウケる~(笑)

肝心の、 お菓子は…
きな粉に 圧力をかけて 無理クリ成形したような
1センチ角で 口の水分 全部 持って行かれる感じ…
お味は 甘くもなく しょっぱくもなく
ほぼ素材の味のみ

人の好みはいろいろですが
私が、美味しいと思える日は 永遠に来ないと思うよ、スマン
[PR]
by iamshambleau | 2012-02-07 11:52


検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
お気に入り
ブログパーツ
記事ランキング
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧