おうちでテリーヌ焼きましょう ~*~*~*~*~*~*~*手軽で美味しいおうちテリーヌ ・・の~んびり探究中です・・ ~*~*~*~*~*~*~*
by iamshambleau
材料4つの超シンプルテリーヌ
材料4つの超シンプル テリーヌ
d0164844_2372877.jpg

今まで「 pate de shambleau ver.いくつ」って、
オシャンティ(最近おしゃれな事をこう言うらしい)な名前の付け方して来ましたが、
自分でも 後から見返そうとすると 超わかりづらい…反省

今回から、名前をシンプルにしようと 思います

前回 イベリコ豚♡で 手痛い失敗をやらかしたので
今度は、お金をかけない方向で 焼いてみる事にしました

必然的に 材料もシンプル 
肉! 塩! 胡椒! 酒!    以上 ‼
d0164844_2372586.jpg

今回のレシピ
パウンド型 8×16×6  満水700cc  1本分

★豚バラ    635g   (いつも通り、買って来たままの大まかな分量)
★塩           12g     (肉の2% )
★胡椒       適宜
★酒           45cc
※料理酒など、塩が入っている酒を使う場合は 塩の量を8~9gに減らす

全部を フードプロセッサーで が~ してしまっても
全然 OK   美味しく出来ます …… が!
ちょっと 切り方を工夫して、食感、見た目に 変化をつけたいと思います
d0164844_2372620.jpg

豚バラの 脂身の部分を切り分け、サイコロに切ります
大きさは お好みで どんなでも良いと思います
1.5cm角に 切ってみた…     ちょっとワイルドかも

残りのお肉は フードプロセッサーにかけやすいように 5cm角程度に切り、
塩、胡椒、酒  と共に ガ~!
後から、脂身のサイコロを混ぜ込むので、あまり粘りを出しすぎないよう
ガ~!し過ぎに注意
d0164844_2372654.jpg

脂身 と お肉です → 脂身が均等に入るように 混ぜます
この 生地となるお肉部分を「ファルス」というそうです  byパテとテリーヌ 柴田書店
パウンド型に クッキングシート敷き  お肉 詰めました
脂身が チョコっと見えてる
d0164844_2372617.jpg

二重にしたアルミホイルでフタして
いつも通りの 湯煎 180℃  30分、フタとって30分
腰巻は 巻かなかった(笑)
d0164844_2372724.jpg

焼けました♡
d0164844_2372726.jpg

500ccPETで重石  
d0164844_2372824.jpg

室温まで下がったら ラップして、冷蔵庫で寝かします

翌日です…綺麗に出来ました
d0164844_2372821.jpg

結構 胡椒 入ってますね(^◇^;)
シンプルで美味しい→個性が無い分 マスタードの種類や 付け合わせなど
色々なバリエーションが楽しめる
d0164844_2372877.jpg


豚バラは、100g 135円だったので、635g×135円=857円
それに、酒、胡椒、塩 加えても、
長さ16cmのテリーヌ1本が  900円以下で出来ました!

反省点 :少し脂身の切り方が大き過ぎた(半分=7mm位が良かったです) 
[PR]
by iamshambleau | 2012-05-15 20:22 | パテ テリーヌ
<< さらば 愛しきソファよ ありがとう! 日経マガジン >>


検索
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
タグ
フォロー中のブログ
お気に入り
ブログパーツ
記事ランキング
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧